スタッフ紹介

スタッフ紹介


石田 浩基
石田 浩基 - Hiroki Ishida -
設計デザイン・スマートハウス担当
・1975年和歌山県和歌山市出身
・和歌山県立和歌山工業高等学校(機械科) 卒
・2級ボイラー技士
・フォークリフト運転技能士
・クレーン運転免許(床上運転式限定)
・ガス溶接

家づくりを通じて日々の感動の共有を!
 私はいつも心に留めている事があります。それは『日々小さくてもより多くの感動を重ねた人の方が人生が豊かになる』という事です。

 毎日は皆平等に、なんとなく忙しく、慌ただしく過ぎていくものです。
ですから何気なく過ぎていく時間や何気なく起こる出来事の中にも感動や想いがあり、そういった事に気付ける時間が多ければ多いほど人生が豊かになるのでは?という考え方です。

 そして”家”はご主人様と奥様がお二人で過ごす大切な時間、お子様の成長やご家族全員で過ごす大切な時間、日々の小さな感動の時間がより多く詰まっていく大切な場所ですから、 お施主様の想いのつまった、ゆっくりとした時間が流れる理想の”家”を一緒に考え、一緒に悩み、ひとつひとつ小さな感動を積み重ねながら、作り上げていく事でより大きな感動を共有させていただく事が、私の仕事だと考えています。

 私自身、数年間にわたり太陽光発電のご紹介やリフォームなどのご提案をさせていただいておりましたので、 そこに暮らされているご家族様の”家”に対する愛情や思い入れ、またちょっとした不満など、様々な想いを聞かせていただく機会が多くありました。
 ですので理想の”家”ってなんだろう?と考える事も多く、いつか”家”づくりに関わる仕事がしたい!いつか”家”づくりに関わる仕事をする!と思い続け、そして現実になりました!

 日々の感動に気付く事ができて、ゆっくりとした時間が流れる、そんな”家”づくりをお客様と一緒にさせてください!

佐藤 貴志
佐藤 貴志 - Sato Takashi -
設計デザイン・土地 担当
・1985年十勝郡浦幌町出身
・北海道帯広農業高等学校 卒
・北海道科学大学(旧北海道工業大学)卒
・アーク・ガス溶接
・太陽光発電アドバイザー
・太陽光発電マイスター

お客様の家づくりについて
いろんな形の家づくりがあると思います。 マイホームを手に入れる時も、建売住宅、注文住宅、中古住宅を買ってリフォーム、など様々な形があります。自分だったら、、、を考えた時に、「想い」の詰まった家が良いな!という事だけです。

お家は人生で一番といってもいいくらいの大きな買い物です。 そんな大切なお買いものですから、自分の想い、奥さんの想い、子供たちの想い、などが詰まってるお家を建てたいと素直に思います。

もちろん、「こうしたい!」という事に対して、やめた方が良いですよ。という事もあります。
出来る部分、できない部分、やめた方が良い部分、遊びを加えてもよい部分、などを的確にアドバイスさせて頂く事が私の仕事だと思っています。

想いを大切にして、無理のない計画を立て、そこで生活して頂くというところまで考えて、一人一人と一緒に家づくりをしていきます。

僕がアークホームをつくっているわけ

学校では土木系を勉強しておりました。
卒業後は、大手ゼネコンの現場監督として就職しており、何現場も任せて頂き、現場の職人さん達と多くのものをおさめてきました。

ただ、私は人と話すのが好きで、いろんな話を聞くのが好きなこともあり、当時の職人さん達や先輩社員から営業をやった方が良いと言われていました。

自分自身、面白そうだな。という興味本位で営業として今の会社に入りました。 数年間太陽光発電のご紹介をしてきて、多くのお客様と出会う機会を頂き、多くのお家に伺わせて頂きました。

そこで、お客様からは「住んでみたら、こんなはずじゃなかった」「暖房費にびっくりした」「少しでも光熱費を落とせないか」「本当はこうしたかった」など家自体に対する多くの声を聞いてきました。


住宅ローンはみなさんが気にされています。
しかし、お家購入の際に光熱費を見落としがちになっていて、実際に住んでみると予想より金額がかかり、生活が苦しい。という状態です。

私の考えでは、光熱費も私たちが生きていく限り払い続けなければならない一種のローンのようなものだと思っています。
弊社はリフォームも扱っていましたので、出来る限り光熱費を抑えれる設備をご提案させて頂いてきました。 電気代の値上がりもあり、少しでも光熱費を削減するためにはどうしたらいいのか?

その答えが「新築」でした。

暖房費が安くなる仕組みを家自体で行うことで、既存住宅ではできなかった提案ができ、光熱費で困っている人を減らすことができる。この出会いに、ワクワクが止まらなくなりました。

光熱費を抑えられて、ちょっとかっこいいお家を北海道に一件でも多く増やすこと!
これが私のやるべきことに変わりました。

高橋 淑子
高橋 淑子 - Takahashi Toshiko -
設計士
・北陵高等学校 卒
・札幌大谷短期大学(美術科 油彩コース)卒
・札幌大谷短期大学(美術専攻科 油彩コース)卒
・国際インテリアアカデミー インナーアーキテクト課 卒
・2級建築士
・福祉住環境コーディネーター

お客様のイメージする建物を実現するお手伝い
 こんにちは、設計士の高橋淑子です。皆さんの大先輩になってしまうかと思います。

私にも若い頃はありまして、その頃も女性目線でなんて言われていましたが、まだ、生活経験も浅く、こそばゆく感じていたのを思い出します。
今では、子育て、老人介護等いろいろな経験を積み重ねたなと思ったらこの年になっていました。

設計士というと理系なんですが、私は、美術科の短大を卒業し興味のある仕事を探し、勉強をしていたら、設計士になっていました。
最初はインテリアコーディネーターの専門学校で学び、夏休みに1ヶ月アメリカでデザインの勉強もチョットしてみたり。

でも、仕事に就いたときに、施工・構造のことを知らなければ何もできないと思い、勉強して資格を取り今に至っています。

まだまだ、学んでいかなければいけないことが山済みです。特に機械操作など、若い方々についていかなければいけないし。教えてもらったり、怒られたりしながら頑張っています。

建築はとても奥が深く、答えもひとつではなく、そこにいたる過程もいくつもある気がします。

その中から、お客様のイメージする建物を実現するお手伝い、いっしょに家作りを楽しんでいけたらと思っています。よろしくお願いします。

中村 研吉
中村 研吉 - Nakamura Kenkichi -
現場監督
・札幌市豊平区出身
・【趣味】創作料理・日曜大工・ミュージカル鑑賞
・【休日の過ごし方】雑貨屋さんめぐり

お客様の家づくりについて
 家に興味を持ち始めたのは小学生の時でした。 父が大工をしていて、その手伝いでよく夏休みの時など時間があるときはくっついて現場にいっていました。
まぁほとんど片付けでしたけど。。

大工の父の影響か、家づくりの現場に興味があり、いつの間にか現場監督になることに。

前職では飲食店の店長をしていたこともあり、お客様にわかりやすく伝えることを常に考えていました。
職種は大きく変わりましたが、建築の現場では一般的に使うことのない、難しい専門用語がたくさん出てくるため、お客様に「伝える」という点では一緒だと思っています。

お客様とお話できる機会もたくさんありますので、
疑問に思っていることや、聞きたいことがあればなんでも聞いてください!

お客様ご自身の家なのですから。

私は「仕事は楽しく」を信念としています。
笑っているだけが楽しいとは思っていません。
職人さんたちと一つになって現場に取り組めること。
思い描いていた通りにお家を完成させること。
他にもたくさんありますが、自分自身が日々成長できることが今は楽しいです。

緊張感のある現場作業でも休憩中は、硬いイメージの職人さんと笑いながら話のできるアットホームな現場。作業が始まれば、緊張感の中にも一体感と連携が取れた現場。

そんなメリハリのある現場づくりを心掛けています。

そしてお客様から聞かれて気づくこともたくさんあります!
毎日が勉強です。
お客様が思い描いた理想の家を設計士が図面にし、それを形に変えるのが現場監督の仕事です。
世界で一つしかない家を一緒につくりましょう!

瀧山 達哉
瀧山 達哉 - Tatsuya Takiyama -
現場監督・大工棟梁
・釧路江南高等学校 卒
・建築大工1級技能士
・職業訓練指導員
・木造組立作業主任者
・足場組立作業主任者
・玉掛

見えなくなるところこそ、丁寧に。日々勉強の毎日です。
 こんにちは、アークホームの大工工事を担当させていただいおります、瀧山達哉です。

経験年数も20年を超え、新築を中心に勉強してきましたがリフォームにも興味があり、数々の現場で技術を学びました。同じ家は一つもないのでいつも勉強させてもらっております。

仕事をする上で心がけていることは「見えなくなるところこそ、丁寧に」です。

これは、自分の師匠の言葉です。
『仕上がって見えるところはプロなんだからきれいで当たり前、隠れてしまうところも丁寧に作業するのが本当の職人だ』と教わりました。本当にその通りだと思います。

年々、新しい工法や金物、建材などがたくさん出てきます。お客様の笑顔のため、常日頃から勉強し、最新の技術も取り入れ、「より良い工事をするために努力」することをあきらめたくないです。

今建築中のお客様、これから縁あって工事させていただくお客様の夢をかたちにするため、日々努力して丁寧に工事をしていきますのでよろしくお願い致します。


お問い合わせ

お問い合わせ
ページトップへ
サイトマップ 会社案内 トップ